トップ > 長野県エリア > 蓼科・八ケ岳・諏訪エリア >

蓼科・八ケ岳・諏訪の観光ニュース

その他

下諏訪「万治の石仏」 プラモデルとフィギュアの名前決定

信濃毎日新聞 (2012年1月31日掲載)

下諏訪「万治の石仏」 プラモデルとフィギュアの名前決定

プラモデルとフィギュアの名称を紹介する吉江社長

 下諏訪町の「ものづくり支援センターしもすわ」などが募集していた町指定文化財の「万治の石仏」をかたどったはかま姿のプラモデルと少女のフィギュア(人形)の名前は、それぞれ「万念(まんねん)君」「阿弥陀万里(あみだまり)」に決まった。地元を中心に県内外から寄せられたそれぞれ200点近い応募作の中から愛着のこもった名が選ばれた。


 プラモデルの名前に採用されたのは、同町東山田の主婦藤森のりさん(70)。小学生のころ、石仏や近くの砥川が遊び場だったといい、万治の「万」に「自分の思いは念ずればかなう」との意味を込めた。


 石仏の顔をあしらったフードをかぶる少女のフィギュアの名前は、同町東山田の林明男さん(71)の「阿弥ちゃん」と、千葉県市川市の小学2年生、中村昭紀君の「万里ちゃん」を合わせた。林さんは少年時代に「石仏の背中で甲羅干し(日なたぼっこ)をして遊んだ」といい、当時の呼び名「阿弥陀様」から考えた。中村君は正月を父親の実家がある同町で過ごして石仏を訪れ、下諏訪は「万治の里」と感じたことから思い付いたという。


 プラモデルとフィギュアは町の新たな土産品にしようと開発。5月の大型連休までに発売する予定だ。開発の中核となった同町の二幸金型の吉江昭男社長は「石仏の硬いイメージとバランスが取れるかわいい名前になった」と話していた。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • 「またね」夏限定の大阪便 松本空港で最終便を100人超が見送り
  • 安曇野「お船」引き回し 熊野神社で例大祭
  • 上小の地場産品、感想寄せて 新商品開発へ東御・道の駅で調査
  • 信州の伝統野菜詰め込んだ弁当 長野で販売、季節で入れ替えも
  • 放浪の視点で探る井月像 伊那で「まつり」開幕
  • 歩いて学ぼう清内路街道 阿智で9月28日、関所や脇本陣たどる
  • 是枝裕和監督ら9人ゲストに 10月開催の蓼科高原映画祭
  • 善光寺御開帳は公共交通で 6カ所でパーク・アンド・ライド
  • 再運航「最終利用率見て判断」 好調の松本―大阪線で日航見解
  • やさいスイーツ、今年はトマト 安曇野で11月フェア
  • 諏訪湖のワカサギ釣り規制 11月から7カ月間、昨季より短縮
  • 大人がワクワク飼育体験 長野・茶臼山動物園で9月28日
  • 立科「御泉水かき氷」好評 湧き水の氷・町内産リンゴ使用
  • 新飯山駅から周辺観光地へ 長電バスが4路線の運行計画
  • 「ドーミーイン」長野駅前建設へ ビジネスホテル、15年1月着工

この地域のイベント

一覧 (5)

▲ ページトップへ戻る