トップ > 長野県エリア > 蓼科・八ケ岳・諏訪エリア >

蓼科・八ケ岳・諏訪の観光ニュース

その他

下諏訪「万治の石仏」 プラモデルとフィギュアの名前決定

信濃毎日新聞 (2012年1月31日掲載)

下諏訪「万治の石仏」 プラモデルとフィギュアの名前決定

プラモデルとフィギュアの名称を紹介する吉江社長

 下諏訪町の「ものづくり支援センターしもすわ」などが募集していた町指定文化財の「万治の石仏」をかたどったはかま姿のプラモデルと少女のフィギュア(人形)の名前は、それぞれ「万念(まんねん)君」「阿弥陀万里(あみだまり)」に決まった。地元を中心に県内外から寄せられたそれぞれ200点近い応募作の中から愛着のこもった名が選ばれた。


 プラモデルの名前に採用されたのは、同町東山田の主婦藤森のりさん(70)。小学生のころ、石仏や近くの砥川が遊び場だったといい、万治の「万」に「自分の思いは念ずればかなう」との意味を込めた。


 石仏の顔をあしらったフードをかぶる少女のフィギュアの名前は、同町東山田の林明男さん(71)の「阿弥ちゃん」と、千葉県市川市の小学2年生、中村昭紀君の「万里ちゃん」を合わせた。林さんは少年時代に「石仏の背中で甲羅干し(日なたぼっこ)をして遊んだ」といい、当時の呼び名「阿弥陀様」から考えた。中村君は正月を父親の実家がある同町で過ごして石仏を訪れ、下諏訪は「万治の里」と感じたことから思い付いたという。


 プラモデルとフィギュアは町の新たな土産品にしようと開発。5月の大型連休までに発売する予定だ。開発の中核となった同町の二幸金型の吉江昭男社長は「石仏の硬いイメージとバランスが取れるかわいい名前になった」と話していた。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • 信州のワインと食、一堂に 松本で10月、初の「サミット」
  • 目指せ、輝く女性ランナー 長野・若穂の大会へ23日講習会
  • 山賊焼きPR―各店の味楽しんで 塩尻でサマーフェスタ
  • 「真田丸」古地図で確かめて 上田で「大坂冬の陣」展
  • 公募写真で切手シート 中ア背にした桜など、駒ケ根で販売
  • 戸隠の朝採り野菜を宅配 7~8種類を箱詰め「旬もの便り」
  • 新飯山駅、11月9日開業 新幹線延伸控え移転
  • 県出身学生ら信州野菜PR 1日から都内で第2回「ずくの市」
  • 子ども連れ向けスポットを紹介 「佐久じゃらん」第3弾
  • 名古屋―木曽福島の無料バス運行開始 木曽町宿泊客向け
  • カピバラ・アヒル・カンガルー... 白樺湖で動物と触れ合い
  • 軽井沢プリンスホテル敷地内 屋外遊戯施設拡充オープン
  • いいだ人形劇フェスタ 公式ガイドの無料配布始まる
  • 深志神社・天満宮鎮座400年祭 松本で山車や行列練り歩く
  • 湖上の夜空に大輪の花火 諏訪湖でフェス開幕、連日800発

この地域のイベント

一覧 (2)

▲ ページトップへ戻る