トップ > 長野県エリア > 上田・小諸エリア >

上田・小諸の観光ニュース

祭り・催し

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

信濃毎日新聞 (2012年12月21日掲載)

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

蘇民将来符に「長者」などの文字を筆書きする塩入住職

 来年1月7、8日に上田市国分の信濃国分寺で開かれる八日堂縁日に向け、塩入法道(ほうどう)住職(58)ら寺関係者が厄よけのお守り「蘇民将来符(そみんしょうらいふ)」の制作を続けている。ドロヤナギの木を六角柱に削り、「大福」「蘇民」「長者」といった文字と文様を朱や墨で筆書きしている。


 同寺によると、寺の将来符は室町時代に作られたという記録が最も古く、制作から縁日で販売するまでの習俗が国の選択無形民俗文化財になっている。塩入住職は「飢饉(ききん)などが起きた過酷な時代にも作られた。人々のさまざまな思いを受け止めるお守りとして、頒布を続けたい」と話す。


 寺の近くに住み、農閑期の副業として将来符を作る「蘇民講」の人たちも、七福神や宝船の絵を描いている。寺の将来符は7日午後から8日まで、蘇民講のものは8日午前8時から販売する。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • 木曽町観光協、御嶽山噴火の影響調査 アンケート基に対策検討
  • ラフティング、天龍の魅力に 体験ツアーへNPO準備
  • レッサーパンダ、視線にもじもじ 長野・茶臼山動物園で公開開始
  • 野沢温泉「夕陽百選」見晴らし台 10月限定でバス運行
  •  茅野市尖石縄文考古館「国宝効果」 8月来館者は前年比57.1%増
  • 北八ケ岳・白駒池周辺の紅葉鮮やか 観光客にぎわう
  • 新幹線飯山駅へ秋の北信州を疾走 ハーフマラソン2200人参加
  • 木やりや踊り、広がる交流 下諏訪で「全国サミット」
  • 山車ぶつけ合い勇壮に 穂高神社で「御船祭り」
  • 峰より麓、色づく不思議 北ア乗鞍岳で紅葉見頃
  • 赤ソバの花見頃、一面ピンク色 箕輪で27・28日祭り
  • 飯山駅起点にバスで周遊 10月から2次交通実証実験
  • 富士見駅110年で28日催し 弁当・まんじゅうなど販売
  • 喬木のマツタケ、出だし良好 大島山の家で料理提供始まる
  • 別所温泉駅で10月「丸窓まつり」 7253編成引退で写真コンテスト

この地域のイベント

一覧 (3)

▲ ページトップへ戻る