トップ > 長野県エリア > 上田・小諸エリア >

上田・小諸の観光ニュース

祭り・催し

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

信濃毎日新聞 (2012年12月21日掲載)

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

蘇民将来符に「長者」などの文字を筆書きする塩入住職

 来年1月7、8日に上田市国分の信濃国分寺で開かれる八日堂縁日に向け、塩入法道(ほうどう)住職(58)ら寺関係者が厄よけのお守り「蘇民将来符(そみんしょうらいふ)」の制作を続けている。ドロヤナギの木を六角柱に削り、「大福」「蘇民」「長者」といった文字と文様を朱や墨で筆書きしている。


 同寺によると、寺の将来符は室町時代に作られたという記録が最も古く、制作から縁日で販売するまでの習俗が国の選択無形民俗文化財になっている。塩入住職は「飢饉(ききん)などが起きた過酷な時代にも作られた。人々のさまざまな思いを受け止めるお守りとして、頒布を続けたい」と話す。


 寺の近くに住み、農閑期の副業として将来符を作る「蘇民講」の人たちも、七福神や宝船の絵を描いている。寺の将来符は7日午後から8日まで、蘇民講のものは8日午前8時から販売する。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • 江戸の装い、妻籠宿で「文化文政風俗絵巻之行列」
  • 晩秋の夜空へ、長野市で「えびす講煙火大会」
  • 冬の使者、今季もようこそ 諏訪湖の岡谷市側にオオハクチョウ
  • 飯山「小菅の里」答申 県内2件目の重要文化的景観に
  • ごあいさつは羊と一緒に 長野の茶臼山動物園で年賀状写真撮影
  • スノーシューツアー登場 東御・湯の丸スキー場22日オープン
  • ネマガリダケ、レトルトカレーに スキー客らに志賀高原名物PR
  • 古書ネット販売のバリューブックス 上田に直営古書店
  • 買い物楽しみ、新長野駅ビル 21日の一部オープンを前に内覧会
  • 御代田産「霧下そば」味わって 23日に新そば交流会
  • 「源助かぶ菜」収穫して漬けよう 泰阜で27日体験会
  • 地元の山、雄大な姿紹介 伊那で南アの写真中心に51点
  • 志賀高原でいち早く初滑り 熊の湯スキー場が営業開始
  • 美術館・博物館巡る「六文銭手形」 上田市内8カ所対象の共通券
  • 冬のもてなし温かく しなの鉄道「ろくもん」に新メニュー

この地域のイベント

一覧 (8)

▲ ページトップへ戻る