トップ > 長野県エリア > 上田・小諸エリア >

上田・小諸の観光ニュース

祭り・催し

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

信濃毎日新聞 (2012年12月21日掲載)

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

蘇民将来符に「長者」などの文字を筆書きする塩入住職

 来年1月7、8日に上田市国分の信濃国分寺で開かれる八日堂縁日に向け、塩入法道(ほうどう)住職(58)ら寺関係者が厄よけのお守り「蘇民将来符(そみんしょうらいふ)」の制作を続けている。ドロヤナギの木を六角柱に削り、「大福」「蘇民」「長者」といった文字と文様を朱や墨で筆書きしている。


 同寺によると、寺の将来符は室町時代に作られたという記録が最も古く、制作から縁日で販売するまでの習俗が国の選択無形民俗文化財になっている。塩入住職は「飢饉(ききん)などが起きた過酷な時代にも作られた。人々のさまざまな思いを受け止めるお守りとして、頒布を続けたい」と話す。


 寺の近くに住み、農閑期の副業として将来符を作る「蘇民講」の人たちも、七福神や宝船の絵を描いている。寺の将来符は7日午後から8日まで、蘇民講のものは8日午前8時から販売する。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • 松本空港2000メートル滑走路を歩く ジェット化20周年記念
  • 浴衣姿で日本の文化に親しむ 県内在住外国人と善光寺巡り
  • 東御市で「巨峰の王国まつり」
  • 飯田の天竜川で「ホワイトウオーターフェス」
  • 地ビール、好みの味は? 松本で初のフェス
  • 赤ソバ見頃...縄文期の食に思いを 富士見・井戸尻史跡公園
  • 観光情報センター一時移転 長野駅の在来線改札前に
  • アウトドア体験ルート 県が木曽路・北ア・千曲川の3案示す
  • 高速バスで「走れアルクマ」 松本から新宿・名古屋へ
  • 上田駅を模様替えへ 新幹線延伸・「真田丸」放送見据え
  • 13年県内宿泊外国人44%増 36万938人で過去最多に
  • 豊かな歴史・景色、歩いて満喫を 11月8・9日、松本城ウオーク
  • 歴史的な建物で楽しむ現代美術 長野・松代で23日までフェス
  • 塩の道と仁科氏、歴史感じ歩こう 大北で23日「フットパス」
  • 茶畑に映えるヒガンバナ 天龍・中井侍駅周辺に2000株

この地域のイベント

一覧 (4)

▲ ページトップへ戻る