トップ > 長野県エリア > 上田・小諸エリア >

上田・小諸の観光ニュース

祭り・催し

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

信濃毎日新聞 (2012年12月21日掲載)

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

蘇民将来符に「長者」などの文字を筆書きする塩入住職

 来年1月7、8日に上田市国分の信濃国分寺で開かれる八日堂縁日に向け、塩入法道(ほうどう)住職(58)ら寺関係者が厄よけのお守り「蘇民将来符(そみんしょうらいふ)」の制作を続けている。ドロヤナギの木を六角柱に削り、「大福」「蘇民」「長者」といった文字と文様を朱や墨で筆書きしている。


 同寺によると、寺の将来符は室町時代に作られたという記録が最も古く、制作から縁日で販売するまでの習俗が国の選択無形民俗文化財になっている。塩入住職は「飢饉(ききん)などが起きた過酷な時代にも作られた。人々のさまざまな思いを受け止めるお守りとして、頒布を続けたい」と話す。


 寺の近くに住み、農閑期の副業として将来符を作る「蘇民講」の人たちも、七福神や宝船の絵を描いている。寺の将来符は7日午後から8日まで、蘇民講のものは8日午前8時から販売する。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • 稜線くっきり、中ア千畳敷で開山式 6月ゴンドラ更新
  • 身近な動物と仲良くなろう 大町の山博付属園GWに催し
  • 鬼無里誘客キャンペーンへ 奥裾花自然園の開園めど立たず
  • 5月「クラフトフェアまつもと」 回遊バス運行、効果調査も
  • 「信越自然郷」魅力紹介ブック 飯山駅から20キロ圏内
  • 下清内路の「箱寿司」現代風に 阿智のハナモモ街道をイメージ
  • 標高777メートル「勝守」根強い人気 下條・入登山神社
  • そば店「栃の木」新装開店へ 伊那のかんてんぱぱガーデン
  • 小海のソバPR 町がHPと冊子で農家や店舗を紹介
  • 伊那梅苑に漂う花の香 ピンク・白・黄色の彩り
  • 坂道楽しむ自転車愛好家へ 高山の4カ所に休憩施設
  • 北ア雪形マップ登場 安曇野の記念館、写真や伝承も紹介
  • 北アの地形、触って確かめて 上高地の施設で模型設置
  • 県内外の「ゆるキャラ」集合 飯田・りんご並木で27日
  • 「殻は飾りに」ダチョウの卵が人気 伊那の牧場で産卵シーズン

この地域のイベント

一覧 (17)

▲ ページトップへ戻る