トップ > 長野県エリア > 上田・小諸エリア >

上田・小諸の観光ニュース

祭り・催し

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

信濃毎日新聞 (2012年12月21日掲載)

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

蘇民将来符に「長者」などの文字を筆書きする塩入住職

 来年1月7、8日に上田市国分の信濃国分寺で開かれる八日堂縁日に向け、塩入法道(ほうどう)住職(58)ら寺関係者が厄よけのお守り「蘇民将来符(そみんしょうらいふ)」の制作を続けている。ドロヤナギの木を六角柱に削り、「大福」「蘇民」「長者」といった文字と文様を朱や墨で筆書きしている。


 同寺によると、寺の将来符は室町時代に作られたという記録が最も古く、制作から縁日で販売するまでの習俗が国の選択無形民俗文化財になっている。塩入住職は「飢饉(ききん)などが起きた過酷な時代にも作られた。人々のさまざまな思いを受け止めるお守りとして、頒布を続けたい」と話す。


 寺の近くに住み、農閑期の副業として将来符を作る「蘇民講」の人たちも、七福神や宝船の絵を描いている。寺の将来符は7日午後から8日まで、蘇民講のものは8日午前8時から販売する。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • 繊細なタッチ「小諸かるた」 23日まで原画展
  • 善光寺御開帳、銀座でPR 絵解き披露や門前の様子紹介
  • 木祖村旧庁舎跡 「笑ん館」が完成
  • 新幹線金沢延伸後のダイヤ 「はくたか」ほぼ毎時1本
  • 阿智のスキー場 今季の営業開始 治部坂高原
  • 真冬並みの冷え込み...諏訪湖沿岸に薄氷 御神渡り早くも期待の声
  • 麻績・朝日村にスキーの季節 2スキー場きょう本格オープン
  • 御開帳中の渋滞対策考える部会 周辺交通情報提供へ、HP開設
  • 長和に泊まりプレゼント当てよう 20~25日に40施設で誘客キャンペーン
  • 上田地域、一層PRの必要性 金沢での知名度課題 観光動向調査
  • JR長野駅の新駅ビル MIDORI全面開業、来年3月7日
  • 安曇野の食PRへ弁当開発 松本地域活動協議会、28日発売
  • 鹿肉の柔らかい食感味わって 中川で工房営む夫婦、煮て燻製や缶詰に
  • 銀座NAGANOで長野の食 特産品PR始まる
  • 七味唐辛子、15年限定缶2種 北陸新幹線と善光寺御開帳

この地域のイベント

一覧 (4)

▲ ページトップへ戻る