トップ > 長野県エリア > 上田・小諸エリア >

上田・小諸の観光ニュース

祭り・催し

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

信濃毎日新聞 (2012年12月21日掲載)

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

蘇民将来符に「長者」などの文字を筆書きする塩入住職

 来年1月7、8日に上田市国分の信濃国分寺で開かれる八日堂縁日に向け、塩入法道(ほうどう)住職(58)ら寺関係者が厄よけのお守り「蘇民将来符(そみんしょうらいふ)」の制作を続けている。ドロヤナギの木を六角柱に削り、「大福」「蘇民」「長者」といった文字と文様を朱や墨で筆書きしている。


 同寺によると、寺の将来符は室町時代に作られたという記録が最も古く、制作から縁日で販売するまでの習俗が国の選択無形民俗文化財になっている。塩入住職は「飢饉(ききん)などが起きた過酷な時代にも作られた。人々のさまざまな思いを受け止めるお守りとして、頒布を続けたい」と話す。


 寺の近くに住み、農閑期の副業として将来符を作る「蘇民講」の人たちも、七福神や宝船の絵を描いている。寺の将来符は7日午後から8日まで、蘇民講のものは8日午前8時から販売する。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • 自慢の果実、スイーツで発信 佐久穂のレストランや直売所
  • 軽井沢・長野県を海外に― 世界アマゴルフ選手権、絶好の機会
  • ぴちぴち、ワカサギ初物 諏訪湖で投網漁解禁
  • 「またね」夏限定の大阪便 松本空港で最終便を100人超が見送り
  • 安曇野「お船」引き回し 熊野神社で例大祭
  • 上小の地場産品、感想寄せて 新商品開発へ東御・道の駅で調査
  • 信州の伝統野菜詰め込んだ弁当 長野で販売、季節で入れ替えも
  • 放浪の視点で探る井月像 伊那で「まつり」開幕
  • 歩いて学ぼう清内路街道 阿智で9月28日、関所や脇本陣たどる
  • 是枝裕和監督ら9人ゲストに 10月開催の蓼科高原映画祭
  • 善光寺御開帳は公共交通で 6カ所でパーク・アンド・ライド
  • 再運航「最終利用率見て判断」 好調の松本―大阪線で日航見解
  • やさいスイーツ、今年はトマト 安曇野で11月フェア
  • 諏訪湖のワカサギ釣り規制 11月から7カ月間、昨季より短縮
  • 大人がワクワク飼育体験 長野・茶臼山動物園で9月28日

この地域のイベント

一覧 (2)

▲ ページトップへ戻る