トップ > 長野県エリア > 上田・小諸エリア >

上田・小諸の観光ニュース

祭り・催し

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

信濃毎日新聞 (2012年12月21日掲載)

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

蘇民将来符に「長者」などの文字を筆書きする塩入住職

 来年1月7、8日に上田市国分の信濃国分寺で開かれる八日堂縁日に向け、塩入法道(ほうどう)住職(58)ら寺関係者が厄よけのお守り「蘇民将来符(そみんしょうらいふ)」の制作を続けている。ドロヤナギの木を六角柱に削り、「大福」「蘇民」「長者」といった文字と文様を朱や墨で筆書きしている。


 同寺によると、寺の将来符は室町時代に作られたという記録が最も古く、制作から縁日で販売するまでの習俗が国の選択無形民俗文化財になっている。塩入住職は「飢饉(ききん)などが起きた過酷な時代にも作られた。人々のさまざまな思いを受け止めるお守りとして、頒布を続けたい」と話す。


 寺の近くに住み、農閑期の副業として将来符を作る「蘇民講」の人たちも、七福神や宝船の絵を描いている。寺の将来符は7日午後から8日まで、蘇民講のものは8日午前8時から販売する。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • 暮らしを豊かにする「ひとてま」講座 軽井沢の星野エリア
  • 桜満開、にぎわう小諸の懐古園
  • 1500本のコヒガンザクラ満開 伊那市高遠城址公園
  • 彫刻作品に触れて楽しむ 茅野市美術館「富永直樹展」
  • 住民ガイド、小布施の多様な街歩き提案 5月から9コース
  • 「ゆきもん」です。よろしく 山ノ内・野猿公苑PRキャラ愛称決定
  • せいしゅん村レストラン26日開店 上田で昔ながらの食事提供
  • 荷は「れんが」9月に歩荷レース 中ア西駒山荘へ2.5キロ
  • 「千本桜まつり」千客万来 上田城跡公園で満開
  • 感激!ハナモモ色鮮やか 阿智で19日から「まつり」
  • 桜並木の「昇り竜」2年ぶりに 安曇野・光城山
  • 5町村巡るスタンプラリー 阿南・根羽・天龍・売木・豊根
  • 竜ケ池の水面に伸びる桜 須坂・臥竜公園で見頃
  • 北ア・涸沢で小屋開け作業 26日の営業開始を目指す
  • カタクリ2万株見頃 立科・津金寺「まつり」開催中

この地域のイベント

一覧 (12)

▲ ページトップへ戻る