トップ > 長野県エリア > 上田・小諸エリア >

上田・小諸の観光ニュース

祭り・催し

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

信濃毎日新聞 (2012年12月21日掲載)

八日堂縁日へ「蘇民将来符」作り 上田・信濃国分寺

蘇民将来符に「長者」などの文字を筆書きする塩入住職

 来年1月7、8日に上田市国分の信濃国分寺で開かれる八日堂縁日に向け、塩入法道(ほうどう)住職(58)ら寺関係者が厄よけのお守り「蘇民将来符(そみんしょうらいふ)」の制作を続けている。ドロヤナギの木を六角柱に削り、「大福」「蘇民」「長者」といった文字と文様を朱や墨で筆書きしている。


 同寺によると、寺の将来符は室町時代に作られたという記録が最も古く、制作から縁日で販売するまでの習俗が国の選択無形民俗文化財になっている。塩入住職は「飢饉(ききん)などが起きた過酷な時代にも作られた。人々のさまざまな思いを受け止めるお守りとして、頒布を続けたい」と話す。


 寺の近くに住み、農閑期の副業として将来符を作る「蘇民講」の人たちも、七福神や宝船の絵を描いている。寺の将来符は7日午後から8日まで、蘇民講のものは8日午前8時から販売する。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • ソバ収穫に来ませんか 千曲市が畑に定点カメラ、HPで公開
  • パラボラアンテナとヒマワリ競演 国立天文台野辺山
  • 阿智の夏空に熱気球ふわり 「ヘブンスそのはら」催し
  • 上高地、増える外国人観光客 宿泊施設の受け入れ態勢充実も
  • 義仲と巴御前の扇子とTシャツ 木曽・日義の道の駅で販売
  • 合同演奏会へ、小澤さんが指揮 SKF松本、中学生ら80人練習
  • 湖面ゆらり灯籠・花火 岡谷で送り盆の伝統行事
  • 阿南の「新野の盆踊り」 500人の輪、笑顔の終幕
  • 飯田の「灯ろう流し」、2千発の花火彩る
  • 立科町 「観光ぼんぼり」設置50回に
  • テントが彩る涸沢の夏 夏山最盛期にぎわう
  • 踊って出会ってにぎやかに 阿南町で「新野の盆踊り」始まる
  • 槍ケ岳さかなにグラス傾け 三俣山荘に「夜の喫茶室」
  • 16年御柱祭日程決まる 山出し上社4月2~4日、下社8~10日
  • 「井月さんまつり」関連展示で盛り上げ 伊那で13日から版画展

この地域のイベント

一覧 (3)

▲ ページトップへ戻る