トップ > 新潟県エリア > 上越・妙高高原・糸魚川エリア >

※信越観光ナビ更新中止のお知らせ
当サイトを運営している新潟日報社と信濃毎日新聞社はこのほど、北陸3県の地方新聞社と共同で、観光情報サイト「北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ」をオープンしました。このため信越観光ナビの更新は1月14日をもって中止いたします。
今後は、よりパワーアップした「北陸・信越観光ナビ」をご利用いただきますようお願い申し上げます。北陸・信越観光ナビはこちら

上越・妙高高原・糸魚川の観光ニュース

その他

古木に心癒やして 「林富永邸」16日公開 上越三和区

新潟日報 (2013年11月15日掲載)

古木に心癒やして 「林富永邸」16日公開 上越三和区

紅葉と母屋のコントラストが美しい林富永邸=上越市三和区神田

 上越市三和区神田にある市指定文化財「林富永(はやしとみなが)邸」が16、17の両日一般公開される。


 毎年春と秋に公開される林富永邸は、旧家富永家の邸宅として、1883(明治16)年に建てられ、ことしで築130年となる。かつて高田藩の「御林」があり、地名が「立林」だったため、屋号を「林富永」にしたと伝えられる。


 母屋は、小高い庭園の中にあり、周辺の田園や山林を一望できる。庭園ではモミジの大木が美しく色付いている。


 公開を前に同邸保存会のメンバー約20人は落ち葉を掃き、邸宅のガラスを拭いて、秋の行楽客を迎える準備を整えた。


 7代目当主の富永正雄さん(85)は「樹齢100年を超える古木の庭園に心を癒やしてもらいたい」と話している。


 午前10時~午後3時。建物の維持補修の協力金として500円が必要(高校生以下無料)。


この地域のオススメスポット

一覧


新潟日報のPhoto

  • 観光名所英語で紹介 外国人向けにパンフ 県上越振興局
  • たちばなのとん汁パック(妙高) 玉ネギの甘味引き立つ
  • 西蒲区・巻郷土資料館で「引札」展 新年の幸せ願いチラシに彩り
  • 「あかね」と名所PR 直江津港周辺活性化協 4月就航へ看板設置
  • 釜ぶた弁当(上越) 軟らか肉とご飯が絶妙
  • 妙高巡って食楽しんで 市観光協会 ナイトバス運行
  • ことしの主役大忙し 水の中でタイアップ 縁起物と海羊歯登場 上越の水族博物館
  • 関川・国重文渡辺邸 「平成の大修理」完工 来年4月に公開
  • 秋葉区・秋葉神社 参道階段に竹灯籠設置
  • 良寛と八一の書共演 所蔵品を公開 北方文化博物館
  • 長岡・寺泊 水槽にサンタ登場
  • 「食文化」の発信ニイガタに学ぶ スペイン・オンダリビア市一行 新潟市内料亭、漁港など見学
  • 胎内スキー場 20日オープン 無事故を祈願
  • 直江兼続ゆかりの地・与板 「お船ラーメン」誕生 2月から提供
  • 長岡市内3スキー場、20日開業

この地域のイベント

一覧 (0)

▲ ページトップへ戻る