トップ > 長野県エリア >

※信越観光ナビ更新中止のお知らせ
当サイトを運営している新潟日報社と信濃毎日新聞社はこのほど、北陸3県の地方新聞社と共同で、観光情報サイト「北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ」をオープンしました。このため信越観光ナビの更新は1月14日をもって中止いたします。
今後は、よりパワーアップした「北陸・信越観光ナビ」をご利用いただきますようお願い申し上げます。北陸・信越観光ナビはこちら

長野県の観光ニュース

そば

お薦め店案内・魅力紹介「そばタクシー」 松本で初の研修会

信濃毎日新聞 (2014年3月 5日掲載)

お薦め店案内・魅力紹介「そばタクシー」 松本で初の研修会

 利用客にそばの魅力を伝えたり、そば店を案内したりする「信州そばタクシー」の運行に向け、県タクシー協会(長野市)は4日、そば好きの客に詳しい情報を伝えることができる運転手を養成する研修会を松本市で初めて開いた。2日間の日程で初日は県内各地から運転手約40人が集まり、信州そばの歴史や特徴などを学んだ。


 同協会などでつくる県観光ガイドタクシー協議会が認定した運転手が対象。研修を受けた運転手は、観光地を巡りながら、そば店などによる「信州そば切りの会」が認定する信州産そば粉による手打ちにこだわった32店や、自身のお薦め店を案内する。車内では信州そばの魅力を語っておもてなしをする。また、1台で500円分の食事補助券1枚を客に配る。店には到着予定時刻を伝えるなど取り計らうという。


 北陸新幹線(長野経由)金沢延伸を見据え、観光ガイドタクシーのサービスを充実させようと旅行会社と共同で企画した。香川県で名物のうどん店をタクシーが案内する取り組みから着想した。


 研修には2日間で計64人が参加予定。4日は、そば切りの会事務局長の山崎良弘さん(59)が、信州そばのイメージとして「県内産そば粉」「手打ち」を挙げる旅行者が多いなどと説明した。また、史料から江戸時代初期には既に信州の名物として江戸を中心に知られていたとし、県内藩主の国替えに随行したそば職人が、新たな土地で広めたなどとした。日穀製粉(長野市)の山崎利喜男さん(58)は、国内のソバ生産状況、ソバに含まれる栄養素などについて解説した。


 そばタクシーは4月1日から運行を始める。研修は今後も年1回開き、そばタクシーの運転手を増やしていきたいという。県タクシー協会の経営委員長、駒津健一さん(62)は「そば好きの客には、うんちくを傾けられるドライバーが必要。車内での会話にぜひ活用してほしい」と呼び掛けていた。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • 「スノードライブ」親子で歓声 茅野で考案、試乗会
  • 古い建物生かす長野・金沢街巡り NPOが共同で情報冊子
  • 長野駅の新幹線発車メロディー 31日から「信濃の国」
  • レッサーパンダにプレゼント 長野・茶臼山動物園で遊具手作り
  • 氷上トライアスロン大会 小海に127人、3種目で競う
  • ウナギに感謝、岡谷で供養祭 「寒の土用丑の日」諏訪湖に放流
  • 黒姫山の麓「189系」見納めへ 信濃町に鉄道ファン
  • 木曽路に温かな光 大桑で「氷雪の灯祭り」開幕
  • 「摺師」森仁志さんの足跡たどる 上田市立美術館で回顧展
  • 土器や勾玉、歴史に触れて 長野で出土品展、25日講演会
  • 諏訪湖、3月の陽気 高島城では御神渡りの企画展
  • 阿智の歴史や文化伝える3館巡る 割安の周遊券を発売
  • レッサーパンダにおもちゃ作ろう 長野・茶臼山動物園で25日催し
  • 門前町の魅力、北陸にアピール 長野の老舗7軒が宣伝チラシ
  • 軽井沢「春の音楽祭」北陸つなぐ 10周年の大賀ホール、4月29日開幕

この地域のイベント

一覧 (0)

▲ ページトップへ戻る