トップ > 新潟県エリア > 上越・妙高高原・糸魚川エリア >

※信越観光ナビ更新中止のお知らせ
当サイトを運営している新潟日報社と信濃毎日新聞社はこのほど、北陸3県の地方新聞社と共同で、観光情報サイト「北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ」をオープンしました。このため信越観光ナビの更新は1月14日をもって中止いたします。
今後は、よりパワーアップした「北陸・信越観光ナビ」をご利用いただきますようお願い申し上げます。北陸・信越観光ナビはこちら

上越・妙高高原・糸魚川の観光ニュース

祭り・催し

ことしの主役大忙し 水の中でタイアップ 縁起物と海羊歯登場 上越の水族博物館

新潟日報 (2015年1月 5日掲載)

ことしの主役大忙し 水の中でタイアップ 縁起物と海羊歯登場 上越の水族博物館

正月に合わせて展示されたマダイ(右)とウミシダ=3日、上越市の市立水族博物館

 上越市の市立水族博物館は正月に合わせ、エントランスホールの特別水槽で縁起物のマダイを展示している。ことしの干支(えと)にちなみ、漢字で海羊歯と書くウミシダも一緒に紹介している。


 博物館は干支にちなんだ魚などを毎年展示しているが、「未(ひつじ)年は難しくて...」と担当者。漢字で羊の字を使うウミシダの展示を決めたが、ウミシダはほとんど動かないため、色や姿がきれいなマダイをメーンにした。


 体長約15センチのマダイ3匹と10センチのウミシダ2匹を展示した。ウミシダは世界中の海にいる生物で、ヒトデやウニといった棘皮(きょくひ)動物の仲間。何本も伸びる腕にある羽枝(うし)を使いプランクトンなどの有機物を食べるという。


 訪れた家族連れらは淡いピンク色のタイやオレンジ色のウミシダに顔を近づけ「きれいだね」「羊って書くんだ」などと話していた。


 18日まで。13日は休館。問い合わせは水族博物館、025(543)2449。


この地域のオススメスポット

一覧


新潟日報のPhoto

  • 観光名所英語で紹介 外国人向けにパンフ 県上越振興局
  • たちばなのとん汁パック(妙高) 玉ネギの甘味引き立つ
  • 西蒲区・巻郷土資料館で「引札」展 新年の幸せ願いチラシに彩り
  • 「あかね」と名所PR 直江津港周辺活性化協 4月就航へ看板設置
  • 釜ぶた弁当(上越) 軟らか肉とご飯が絶妙
  • 妙高巡って食楽しんで 市観光協会 ナイトバス運行
  • ことしの主役大忙し 水の中でタイアップ 縁起物と海羊歯登場 上越の水族博物館
  • 関川・国重文渡辺邸 「平成の大修理」完工 来年4月に公開
  • 秋葉区・秋葉神社 参道階段に竹灯籠設置
  • 良寛と八一の書共演 所蔵品を公開 北方文化博物館
  • 長岡・寺泊 水槽にサンタ登場
  • 「食文化」の発信ニイガタに学ぶ スペイン・オンダリビア市一行 新潟市内料亭、漁港など見学
  • 胎内スキー場 20日オープン 無事故を祈願
  • 直江兼続ゆかりの地・与板 「お船ラーメン」誕生 2月から提供
  • 長岡市内3スキー場、20日開業

この地域のイベント

一覧 (0)

▲ ページトップへ戻る