トップ > 長野県エリア > 木曽路エリア >

※信越観光ナビ更新中止のお知らせ
当サイトを運営している新潟日報社と信濃毎日新聞社はこのほど、北陸3県の地方新聞社と共同で、観光情報サイト「北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ」をオープンしました。このため信越観光ナビの更新は1月14日をもって中止いたします。
今後は、よりパワーアップした「北陸・信越観光ナビ」をご利用いただきますようお願い申し上げます。北陸・信越観光ナビはこちら

木曽路の観光ニュース

その他

御嶽山の規制、縮小決定 王滝のスキー場2月26日ごろ再開へ

信濃毎日新聞 (2015年1月20日掲載)

御嶽山の規制、縮小決定 王滝のスキー場2月26日ごろ再開へ

 御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の火山活動について、気象庁は19日、火口から半径4キロ圏内としてきた警戒の必要な範囲を3キロ圏内に縮小した。これを受け、山麓の木曽郡木曽町、王滝村、岐阜県下呂市、高山市の4市町村は同日、入山規制範囲をおおむね3キロ圏内に縮小すると決定。今季の営業を見合わせてきた王滝村のスキー場「おんたけ2240」は全体が範囲外となり、運営会社「御嶽リゾート」は2月26日ごろに営業開始を予定していると明らかにした。


 噴火後に入山規制範囲が設定されてから縮小は初めて。


 気象庁の判断は、火山噴火予知連絡会が19日、現状では昨年9月27日と同程度か上回る規模の噴火が発生する可能性は「低くなっている」との見解をまとめたことに基づく。予知連は、噴石は火口から2キロ、火砕流は火口南西側の地獄谷方向に2・5キロの範囲で警戒が必要とした。


 一方、予知連は、噴煙の高さや地震の発生頻度は噴火前の状態には戻っていないとし、「今後も小規模な噴火が発生する可能性がある」と指摘。気象庁は、噴火警戒レベル(5段階)は「3(入山規制)」を維持した。


 山麓の4市町村や県、国などでつくる御嶽山火山防災協議会は19日、木曽町で事務担当者の会合を開き、気象庁の方針に準じて入山規制範囲を縮小すると確認。新たな入山規制は「積雪期」と「雪解け後」に分けて設定した。


 積雪期は、おんたけ2240の営業期間中は同スキー場の範囲を緩和し、ほかの登山道、道路は現行通り規制する。雪解け後は登山道ごとに入山できる上限を決め、王滝村からの王滝口登山道は「田の原遥拝(ようはい)所」、木曽町からの黒沢口登山道は7合目の「行場山荘」などとした。同町からの開田口登山道は現行の規制を当面続ける。


 雪解け後の規制に移行する時期は、4市町村ごとに今後検討していくとした。


 王滝村の瀬戸普村長は19日夜、村役場で記者会見し、スキー場営業について「今後は利用客の安全確保を第一に、細心の注意を払いながら有事の際の対策に万全を講じていくことが重要と考えている」。同席した御嶽リゾートの栗屋文則総支配人は、営業再開までの約1カ月の間、施設の修繕や検査、救助訓練などに取り組むとし、「安全を確保した上で、営業を再開したい」と強調した。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • 「スノードライブ」親子で歓声 茅野で考案、試乗会
  • 古い建物生かす長野・金沢街巡り NPOが共同で情報冊子
  • 長野駅の新幹線発車メロディー 31日から「信濃の国」
  • レッサーパンダにプレゼント 長野・茶臼山動物園で遊具手作り
  • 氷上トライアスロン大会 小海に127人、3種目で競う
  • ウナギに感謝、岡谷で供養祭 「寒の土用丑の日」諏訪湖に放流
  • 黒姫山の麓「189系」見納めへ 信濃町に鉄道ファン
  • 木曽路に温かな光 大桑で「氷雪の灯祭り」開幕
  • 「摺師」森仁志さんの足跡たどる 上田市立美術館で回顧展
  • 土器や勾玉、歴史に触れて 長野で出土品展、25日講演会
  • 諏訪湖、3月の陽気 高島城では御神渡りの企画展
  • 阿智の歴史や文化伝える3館巡る 割安の周遊券を発売
  • レッサーパンダにおもちゃ作ろう 長野・茶臼山動物園で25日催し
  • 門前町の魅力、北陸にアピール 長野の老舗7軒が宣伝チラシ
  • 軽井沢「春の音楽祭」北陸つなぐ 10周年の大賀ホール、4月29日開幕

この地域のイベント

一覧 (0)

▲ ページトップへ戻る