トップ > 長野県エリア > 白馬・安曇野エリア >

※信越観光ナビ更新中止のお知らせ
当サイトを運営している新潟日報社と信濃毎日新聞社はこのほど、北陸3県の地方新聞社と共同で、観光情報サイト「北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ」をオープンしました。このため信越観光ナビの更新は1月14日をもって中止いたします。
今後は、よりパワーアップした「北陸・信越観光ナビ」をご利用いただきますようお願い申し上げます。北陸・信越観光ナビはこちら

白馬・安曇野の観光ニュース

その他

コハクチョウ飛来、安曇野で本格化 昨季超え700羽近くに

信濃毎日新聞 (2015年1月20日掲載)

コハクチョウ飛来、安曇野で本格化 昨季超え700羽近くに

犀川白鳥湖のあちこちで群れを成し、時折、羽を広げるコハクチョウ=19日午前7時半、安曇野市

 白鳥の越冬地、安曇野市の犀川白鳥湖(豊科田沢)と御宝田遊水池(明科中川手)でコハクチョウの飛来が本格化した。昨季は飛来数が少なく最大で610羽だったが、今季は既に700羽近く。水面のあちこちで群れを成し、愛らしい姿が写真愛好家らを楽しませている。


 同市のアルプス白鳥の会によると、今季は昨年10月15日に最初の1羽が飛来。12月中に300羽近くになり、出足は早かった。例年より早く12月に大雪があり、安曇野の前の経由地とされる新潟県などで雪が深かったとみられる。


 今年1月に入っても順調に増え、19日朝は698羽。アルプス白鳥の会事務局の会田仁さん(65)によると、今季は餌場が分散し、日中は松川村の田でも白鳥を見掛けたという。この日、御宝田遊水池を訪れた神戸市の男性(68)は、1カ月ほど滞在して白鳥の写真を撮るといい、「白鳥が増えてくるといろんな表情が見られていい」と話していた。


 昨季の前は、3季続けて千羽を超えた。飛来のピークは例年1月下旬以降で、会田さんは「どれだけ増えるかは新潟県などの積雪量による」と話している。


この地域のオススメスポット

一覧


信濃毎日のPhoto

  • 「スノードライブ」親子で歓声 茅野で考案、試乗会
  • 古い建物生かす長野・金沢街巡り NPOが共同で情報冊子
  • 長野駅の新幹線発車メロディー 31日から「信濃の国」
  • レッサーパンダにプレゼント 長野・茶臼山動物園で遊具手作り
  • 氷上トライアスロン大会 小海に127人、3種目で競う
  • ウナギに感謝、岡谷で供養祭 「寒の土用丑の日」諏訪湖に放流
  • 黒姫山の麓「189系」見納めへ 信濃町に鉄道ファン
  • 木曽路に温かな光 大桑で「氷雪の灯祭り」開幕
  • 「摺師」森仁志さんの足跡たどる 上田市立美術館で回顧展
  • 土器や勾玉、歴史に触れて 長野で出土品展、25日講演会
  • 諏訪湖、3月の陽気 高島城では御神渡りの企画展
  • 阿智の歴史や文化伝える3館巡る 割安の周遊券を発売
  • レッサーパンダにおもちゃ作ろう 長野・茶臼山動物園で25日催し
  • 門前町の魅力、北陸にアピール 長野の老舗7軒が宣伝チラシ
  • 軽井沢「春の音楽祭」北陸つなぐ 10周年の大賀ホール、4月29日開幕

この地域のイベント

一覧 (0)

▲ ページトップへ戻る